<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
歯医者さんへ
a0047004_1634626.jpg

↑こちらの写真は、記事の内容には関係ありませんが、
 いつもチェックしている平和公園の梅の木です。

 夜桜ならぬ、夜梅。

 まだまだ二分咲き?くらいでした。
 今年は遅いな~。


さてさて、歯医者さんのお話。

先日、3ヶ月ぶりの定期検診へ行ってきました。

軽いチェックや歯磨き指導などを受け、なんとか1日でクリア。
次は、6ヶ月後に来ればいいそうです。
やった~~!ヽ( ´ ▽ ` )ノ

そもそも始まりは、昨年の11月でした。

もともと歯医者さんにはあまり行きたくなく縁がなく、
11月に行ったのもなんと10年以上ぶり(!)くらい。

自分は虫歯ができにくいタイプみたいだな~と過信して、
歯磨きをおろそかにしていたせいか、


なんだかヤバイぞ・・・

ムーできた!?((((;゜Д゜)))


とやっと気が付き、
だんだんと歯医者さんに行くことを意識し始めたのでした。


それが2年くらい前 ( ̄∇ ̄;)


そこから延ばしに延ばして、
やっと昨年の秋に重い腰をあげて行って来たというわけです。


この町に引っ越してきて初めての歯医者さん探し。
いや、そもそも自分で見つけるということ自体が初めてでした。

ネットで色々口コミを探してみるものの、いまいちよくわからない・・・。

歯医者さんは当たりはずれが良くあるって言うし、
信頼できそうな(しかも家から近い)ベストなところはないだろうかと、
色々検索していました。

そんなとき、ふと思い出した近所の歯医者さん。

コンビニが潰れた場所に新しくできた、外観のおしゃれな歯科クリニックが、
数年前から気になってはいたのです。

サイトはあるかしらと思って調べてみたら、
なんともオシャレで素敵な紹介ページが出てきました。

院長先生のブログもあって、信頼できそうな感じ。


よし、ここに決めた!ヽ( ´ ▽ ` )ノ


すぐに予約を取って、2日後に行くことにしたのでした。


診察当日、
クリニックの中は想像したとおりとてもオシャレで清潔感があり、
はじめに医院の紹介と簡単なカウンセリングを受けました。

ここを知ったきっかけ・選んだ理由・院長先生の経歴・
歯の気になるところ・これからどんな歯にしたいかetc・・・、色々と質問を受けました。

・・・いやぁ驚きました。

歯科衛生士さんが自分より年下なんだろうなということは覚悟していましたが、


まさか院長先生まで年下だとは!Σ( ̄□ ̄;)


先生、開業早すぎやしませんか?
大丈夫かなぁ・・・((((;゜Д゜)))



しかも、同じ大学の後輩でした・・・。


若く新しいクリニックに多少の不安も感じつつ、

しかしながら優しい先生&衛生士さんの対応と、
ムーの被害もそれほど大変なものではなかったという診察結果から、

意外や意外、とても快適な時間を過ごすことができたのでした。

やはりこういう場所は、不安を抱えてやってくる患者さんが多いですから、

・清潔感があること
・スタッフの対応が気持ちいいこと

が結構重要ですよね~。

美容院に癒しを求めて通う人も多いと思いますが、


私は歯医者さんに癒しを求めて
通っている感じです (*´ ∀ `*)



それほど、心地のよい空間でした。

ああ、6ヵ月後が待ちきれない~~o( ^ ▽ ^ )o


店員の家の近くにお住まいの方で、
歯医者さん選びに苦労している方がいらっしゃったら、
自信を持ってここをお薦めしたいと思いますので、どしどしご連絡くださ~い♪

a0047004_17145663.jpg


*****************************************************


  ←クリックしていただけたら、うれしいです♪


布絵本キット「どうぶつえほん2」を、8セット追加しました☆
[PR]
by fukafuka-ehon | 2011-02-26 17:42 | 店員のこと
食べある日記
a0047004_13152734.jpg

先々週末のことになりますが、
姉がまた広島に遊びに来たので、その時の思い出を振り返りたいと思います。

こちらは、「natul(ナチュル)」というカフェでのランチの写真です(二日目)。

私が注文した「ハンバーグランチ」と、姉の「パスタランチ」。

ここのお店は、雰囲気もかわいらしく、ランチもおいしいので、
よく(たまにですが)利用します。

ブログでは初紹介?と思ったら、
こんなところですでに登場済みでした。

夜の部もなかなか楽しめるお店なので、おすすめです~(*´ ∀ `*)


さてさて、ランチの後はおやつの時間です。

今回行ったのは、広島そごう新館地下にある「GB style CAFE」というお店です。

ここはアジアンスタイルのカフェなのですが、
「パンケーキかワッフルが食べたい」とわがままを言う姉の要望に
ばっちり答えてくれた貴重な場所であったため、

このたびめでたく「本日のおやつカフェ」として選ばれました。

もしかしたら、定番コースの一つに認定されるかもしれません。

a0047004_13364092.jpg

姉はもちろん、イチゴのワッフルで満足満足♪
わたしは控えめに、チョコバナナのパフェにしておきました。

a0047004_13413240.jpg

そしてそして、こちらは定番中の定番。
「アンデルセン」での、3日目の朝食です。

私はいつもの「ハムチーズ」、姉は「クロックマダム」を注文しました。

この週末は雪がチラホラ降る冬らしい天気だったので、
いつもなら真冬でもアイスのドリンクを頼むところ、
二人揃って珍しくホットを飲むことに。

そしたら、うれしいサービスが♪
かわいい模様入りのカプチーノ&カフェラテが出てきました。

ティースプーンでさらに模様を描いて、遊んだりして☆
ゆっくりとした朝の時間を、楽しむことができました。


そんなおしゃれな朝食を楽しんだ私たちでしたが、
なんとこの日は朝からスッピンでうろちょろ ((((;゜Д゜)))

実はこの後すぐ、天然温泉「ほの湯」に向かう予定だったからなのでした。

そこは、本物の温泉が外の露天風呂にしかないので、
「真冬に真っ裸で外に出るなんて大丈夫だろうか」と心配していましたが、

なんのなんの (*´ ∀ `*)

寒いのは、最初だけでした。

あとは温まった体で、
あっちのお風呂にドボン、こっちのお風呂にドボンと、
うろちょろしまくっていました。

お客さんも多かったですし、
冬でも露天風呂って楽しめるものなんですね(冬だからいいのか)♪


さてさて、3日目のお昼前には帰りたいと言っていた姉ですが、
思いのほか時間が押してしまったので、
軽くご飯でも食べて帰ることに。

そしたらなんと!

前日に治まったと思われた姉の「パンケーキかワッフルが食べたい病」が、
また再発してしまいました!

仕方がないので広島駅周辺でお店を探したのですが、
エールエール(福屋)の中になかなか良いお店を発見しましたよ。

「尾道浪漫珈琲」というお店です。

a0047004_142225.jpg

6階にあるお店なので、眺めが最高です。

この後、雪もチラチラと降ってきました。

a0047004_1434087.jpg

姉は二日連続のワッフル(今回は和風で)、
私はお昼ごはんのつもりでグラタンにしました。

「喫茶店でグラタンを食べるなんて、何年ぶり~?」と姉が言っていましたが、
そう言われてみればそうかも・・・。

「グラタン」って、なんだか昭和の喫茶店のイメージですよね。

このお店も、そんなレトロ感が漂う、とても素敵な場所でした。


そうして姉は2泊3日の休日を楽しんで帰っていったわけですが・・・、

写真にはありませんが、この他にも

・1日目の夜に居酒屋に行き、

・その後に「ROMANDO ROLL」のクレープを堪能、

a0047004_1531953.jpga0047004_1532758.jpg

・2日目の夜はデパ地下のお惣菜を買い込み、家でまったりして、

・その後のデザートでは、「La Chambre」のシュークリームをほおばる、

といった、なんとも 危険 な3日間を過ごしてしまいました。

この週末、
いえこの1ヶ月、


姉のせいでだいぶ太りました!・゚・( ノ Д `)・゚・


責任転嫁 (*´ ∀ `*)


でも、幸せだったからいっか☆

もうこれ以上太りませんように、ナム~。


※ちなみ次回は、京都への花見旅行を考えているようです。
 どうしよう、また体が丸くなるなあ~( ・ ∀ ・ )


*****************************************************


  ←クリックしていただけたら、うれしいです♪
[PR]
by fukafuka-ehon | 2011-02-13 15:09 | 店員のこと
祝・10周年☆2
a0047004_1316534.jpg

松浦弥太郎さんのもう一つの「自分プロジェクト」。

それは、
「ギターで大好きな曲を一曲、気持ちよく弾けるようになること」
というものでした。

そしてこのプロジェクトには、
なんと20年くらいの時間をかけてじっくり取り組みたいとのこと。


20年!?(; ゜ Д ゜ )


たった1曲を20年・・・?

たしかにプロではないのだから、
すんなり弾けるようにはならないかもしれないでしょうが、
たった1曲程度なら、1ヶ月やそこらでマスターできるのでは??

実際、松浦さんはその曲をもうすでに弾けるようになっているんですって。

でも自分が思う「いい感じ」には、まだまだ届いていないそうです。


つまり、ハーブティーやギターといった「自分プロジェクト」は、
「上達する」ことを目的に行っているわけではないんですよね。


毎日ちょっとずつでも
小さな工夫や発見があれば、
日々の暮らしが豊かになる、



そのために行っているプロジェクトなんです。

けれども私は、この「自分プロジェクト」というアイデアによって、
日々の継続こそが上達への近道であるというヒントを得ました。


まず、スタートさせること。

そして継続すること。



途中つまずいたり、すぐに成果が出ないことにイライラしても、


20年かけるつもりでのんびりやれば、

すごく気が楽じゃありませんか?(*´ ∀ `*)



そう感じさせてくれた、松浦弥太郎さんの1冊でした。


そしてもう一つ、
私の背中を押したこんな話があるのでご紹介しますね。

以前テレビに、100歳の元気なおじいさんが出ていたのですが、

その時そのおじいさんの書いた「書」がいくつか紹介されていたんです。

それはもう立派な書体で、
趣味で書いているのかプロだったのかは忘れてしまいましたが、
とても美しい字でびっくりするほどでした。

で、ナレーションを聞いていると、
おじいさんはかれこれ40年書道を続けているそう。

なるほど、40年も続ければ、
そりゃあこれだけ立派な字も書けるようになるよね~と思っていたのですが、

・・・・ん?
40年前って・・・・・・、


おじいさんが、60歳の時!?( ゜Д ゜;≡ ゜Д ゜;)


子どもの頃からやっているとか、
若い頃にはじめたとかそんなんじゃなくて・・・、


定年後に始めてこのレベル!


私はそのとき思いました。


何かを始めるのに、

遅すぎるということはないのだなあ
 と。


40歳でも、60歳でも、80歳でも、

やろうと思ったときにやればいい。

もし3年前の自分が、
「今さら何を始めても・・・」とあきらめて何もしていなかったら、

今頃は「ただの自分」で終わっていたけれど、

もし何かを始めていたら、
今は立派な「キャリア3年」の自分。

もし40年前のおじいさんが、
「もう60歳だから何を始めるにも遅すぎる」と考えていたら、
100歳で「キャリア40年」の書道家の自分はいなかったことになります。


私が松浦さんとこのおじいさんから学んだこと。


小さなことでもいい、まずは始めてみよう。

だめそうでも、
20年後にできていればいいやというくらいの
ペースで進めていけばいい。

今一歩を踏み出せば、
3年後の自分はきっと感謝してくれる。



新しいことを始めることにどうしても二の足を踏んでしまう方、

店員と一緒にスタートしてみませんか?


今年を、チャレンジ元年にしてみませんか?ヽ( ´ ▽ ` )ノ


※ちなみに現在子どもたちに大人気の「アンパンマン」も、
 作者のやなせたかしさんが50代頃の作品なんですって。
 なんだかとても勇気が出てきますね!


*****************************************************


  ←クリックしていただけたら、うれしいです♪
[PR]
by fukafuka-ehon | 2011-02-08 14:34 | お店のこと
祝・10周年☆
a0047004_1312559.jpg

最近ようやく覚えられるようになってきた「2月1日」。

そう、「ふかふか絵本」のオープン記念日ですが・・・、

なんとこのたび、


めでたく10周年を迎えてしまいました!


わ~い ヽ( ´ ▽ ` )ノ パチパチ

こんなに長い間続けてこられたのも、
ひとえにお買い物してくださったお客さまのおかげです!

どんなに沢山作っても、買ってくれる人がいなかったら、
商売として継続していくことは困難ですもんね。

ほんとに感謝感謝の10年でした。

今年中には(!)、なにかイベント的なものか新作発表か、
考えて行いたいと思いますので、楽しみにお待ちくださいね o( ^ ▽ ^ )o

(ちなみに上の写真は、初期の絵本です。
 キルト綿も何も挟んでいない、まっ平らな布絵本。
 その1ヶ月後には、立体的な「モニークのおはようのじかん」にグレードアップしました♪)


それにしても、
10年って・・・すごいですよね・・・( ̄∇ ̄;)

子どもの頃から、10年も続けて何かをやり続けたことはありませんでした。

学校も、6年・3年・3年・4年でしたし・・・。

何かを10年もやってきたんだなあと思うと、
なんだか自分の財産が一つ増えたような気がします。
(増えたというか、初めての財産?)


じゃあ、これからの10年どうしようか?


また新しいことを
はじめてみようか?



11年目を迎えて、私は思いました。

今ってまさに、
何かをまた新しく始める、いい機会なのではないだろうか。

また10年続けていけたら、
自分にもう一つの大きな財産ができるのではないか。


やってみる!?
o( ^ ▽ ^ )o



やってみようか ヽ( ´ ▽ ` )ノ

ということで、店員にとって今年はチャレンジ元年になりました。

何をやるかは、内緒です・・・。
挫折したら恥ずかしいので、ヒッソリとやらせてください ( ´ A ` )


そう、新しいことを始める時って、

「続けられるのだろうか」とか「自分にできるのだろうか」とかいった、
不安や諦めの気持ちが付きまとって、

なかなか一歩を踏み出せないことってありますよね。

a0047004_1316534.jpg

そこで、
雑誌「暮しの手帖」の編集長である松浦弥太郎さんの
「今日もていねいに。」という本の中にいいヒントがあったので、
ご紹介したいと思います。

彼が日々の生活の中で課している小さな行動、
名付けて「自分プロジェクト」についてです。


~引用~

小さなうれしさがたくさんある一日であれば、ほんのりしあわせになります。
そんな毎日が続けば、生きているのが楽しくなります。

そのためのぼくなりの方法が、自分プロジェクトです。

仕事でもいいし、毎日の暮らしのなかの、些細なことでもいい。
「これができたら、すてきだろうな、おもしろいだろうな、
 きっと新しい発見があるだろうな」
そういった小さなプロジェクトをいくつもこしらえ、あれこれやり方を工夫し、
夢中になって挑戦し、順番にクリアしていくことです。



松浦さんが日々やっている「自分プロジェクト」とは、
「おいしいハーブティーを淹れること」だそうです。

毎日飲むお茶をただ淹れるのではなく、
昨日よりおいしくするために工夫して淹れる。

それを日々続けていったら・・・、
1年後、いや1ヵ月後には、
相当おいしいお茶が飲めるようになっているのではないでしょうか。

まさにチリツモ、日々の経験・繰り返しの積み重ねですね。

しかし、わたしが「ふむふむ」と感心した「自分プロジェクト」は、
その毎日のハーブティーの淹れ方のことではありません。

松浦さんのもう一つのプロジェクト、
「ギターで大好きな曲を1曲、気持ちよく弾けるようになること」というものについてです。


長くなってきたので、続きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<店員の副業生活その後>

■1月のコピーライター(自称)の成果のほどは・・・・・・、

○ある店のネーミング  ○あるクリニックのネーミング  ○ある商品のアイデア

での採用でした~( ^ 3 ^ )

※1月はコピーライターのお仕事をお休みしていたので、
 これは12月の提案分です。


*****************************************************


  ←クリックしていただけたら、うれしいです♪
[PR]
by fukafuka-ehon | 2011-02-05 13:56 | お店のこと