頭痛外来3

検査を終え、
しばらくするとまた診察室に呼ばれました。

椅子に座ると、先生はパソコンの画面を指差してしゃべり始めました。
そこには、私の頭の輪切り画像が ( ̄∇ ̄;)

医「これが鼻で・・・、これが目。これは小脳。
  ここの白いところが黒かったら○○なんだけど、白いから大丈夫だね。」

先生は、私の頭の画像について、一枚一枚丁寧に説明してくれました。

鼻は、凹凸があるので形でわかります。
目は・・・、断面図が本当にまるくって、
ピンポン球が2つくっついているみたいで恐かった ヽ(;´ Д`)ノ
「眼球」って言うから丸いのはわかっているけど、
実際にこの形を見ると、・・・気持ち悪いですね。

そして○○の病気ではないそうで・・・、ホッとしました。
○○というのは有名な脳の病気の1つですが、名前は忘れちゃいました・・・。


途中先生は、脳をどの方向から輪切りに撮影しているかを説明するために、


私の頭蓋骨の画像まで見せてくれた
ヽ(;´ Д`)ノ


うへえ・・・( ´ д `lll )

勘弁してぇ・・・。


頭蓋骨、コワイ (。> 0 <。)

先生、ごめんなさい。
自分のそれは、見たくなかったです (。´ Д⊂) 早く閉じて。


先生は、こんな風に懇切丁寧に説明してくれました。
しかしながら、検査を受けたばかりの患者の私としては、
早く結果が聞きたいわけですよ。


「で?結論を早く言ってください 。」


と、急かしたわけではありませんが、

すべてを説明し終わった先生は、
こちらを向いてついに言ったのです。



「まあ・・・・・・、





正常だね ( ´ ∀ ` )」





Σ( ̄□ ̄;)



せ、正常!?


ほ、ほんとに!?





・゚・( ノ Д `)・゚・



よかったぁ、異常がなくて。

「じゃああの頭痛は何だったの!?」っていう疑問は残るけど、
この際もういいや。
だって、あんなに頭をスライスして調べて正常だってわかったんだもん ( T _ T )


私、シロだったってことでいいよね!?
( ´ □ `。 ) ウワ~ン


私が安堵の気持ちに包まれていると、
「痛み止めを出しておこうね」と先生が言いました。

「痛み止めって、その場しのぎの物ではないんですか?
 根本から治してくれるのでしょうか。」

と質問したら、

「大丈夫。飲んでるうちに、ちゃんと治ってくるから。」
とのことなので、
私は5日分の薬をもらって帰ることにしました。


陽気に病院から出てきた私。

しかし、CT代4500円はイタかったなあ。
異常がなかったのだから、タダにしてくれればいいのになぁ。
・・・いや、さすがにそれは悪いか。
せめて、輪切りの画像をプリントアウトしてくれるとかのサービスがあれば・・・・・・
(今回の思い出に)。

そして、この1ヶ月のことに色々思いを巡らせる、そんな帰り道。


だけど、あの頭痛は本当になんだったんだろう。


そういえば、GWにウチの姉が訪ねて来たけれど、
頭が痛くなったのは姉が帰った翌日からだったな・・・。


・・・・・・


・・・姉、怪しくない?


というか、それ以外の原因思いつかなくない?


私は、あらゆる可能性を色々考えてみることにしました。


1.姉からの大量のお土産に当たった。
2.姉から何かが感染した。
3.姉が来たストレスによるもの。


怪しいのは、こんなところか・・・。


とりあえず、病院代と慰謝料は
請求しておこうかな ( ̄∇ ̄+)



そんなこんなで1ヶ月苦しんだ頭痛は、
結局たった5日間の服薬であっけなく治ってしまいました。

早く病院に行けばよかった・・・( ´ A ` )


体が「普通」なのって
こんなに気持ちのいいことなんだなぁ。


そんなことに気が付いた、

貴重な1ヶ月の経験でした。


*****************************************************


ちなみに病気で病院に行ったのは、18歳の時以来でした・・・(*´ ∀ `*)


人気ブログランキング
クリックしていただけたら、うれしいです♪
[PR]
by fukafuka-ehon | 2009-06-25 23:25 | 店員のこと
<< 花のレース発見! 頭痛外来2 >>