フェルトの切れ端の使い道

キットを使えばそのようなことはないですが、
フェルトを使って何かを作ったとき、切れ端がいっぱいでてきませんか?
もう何の型紙も写せないような、はっきりいって用なしの部分。


その切れ端・・・・・・
捨てるのちょっと待ってください!


「ふかふか絵本」でも、毎日大量に切れ端が発生します。
特に土台用のフェルトを裁断した後には、
幅5ミリくらいの長細~~いものが山のようにたまる・・・。
  
最初の頃は、それでも工夫して雑貨用に何かを作っていたのですが、
まったく追いつかない!たまる一方で、仕方なく次々捨てていっていたのですが・・・。


でも、

やっぱり、


何かに使いたい・・・。


そこで考えついたのが、


どうぜ捨てるなら、その前にせめて、


ホコリでも拭いて
捨ててやろうじゃ
ないか!ヽ( ´ ▽ ` )ノ


捨てる前に1フキ!


これがなかなかどーして!
すごく役に立つんです♪

棚の上、フローリングの隅、パソコン、小物、扇風機の羽、鏡の表面、などなど・・・。
気になったところを普段からチョチョッと拭いていると、
改めて「掃除」をしなくてよくなります。

なにより、フェルトという素材がとても良いみたい ( °∀ °)b
ティッシュで拭くと、ホコリがフワッと舞い上がりません?
濡れ雑巾で拭くと、ホコリがダマになって取れにくくなりません?

フェルトだと、取ったホコリや髪の毛はキャッチして逃さないんですよ!
ダ○キンみたいなものでしょうかね?

切れ端が真っ黒になったのを見ると、思い切りゴミ箱にポイできるようになりました。


みなさんもぜひお試しあれ ( ^ O ^ )/


*****************************************************


人気ブログランキング
[PR]
by fukafuka-ehon | 2008-08-19 21:11 | お店のこと
<< 赤ちゃんのかぎ編み帽子 「恐竜絵本」 >>